用語集

  レッスン

学ぶことや教えることの(小さな)ひと区切りのまとまり[1]。
学ぶ内容に区切りを設けて学習すること/教えること 
詳細は「学課」および「授業」を参照
教科書などを編集・構成する場合は「lesson」つまり、学ぶべき体系を分解して小さなひとまとまりを多数用意して「lesson 1」「lesson 2」...などと節や章の名称をつける。あえて日本語に訳すと「課」になり、「第1課」「第2課」...などと訳す。
詳細は「課」および「課題」を参照
音楽のレッスンについては、通常日本語に訳さず英語のままにするためにカタカナで「バイオリンのレッスン」「ピアノのレッスン」などと言うことが一般的。楽器演奏の個人教授の場では30分程度の短かい時間設定で2~3の細かなことに焦点を当てて 教える/学ぶ。
詳細は「稽古」を参照
学び手によって習得されたその内容[1]。
詳細は「学び」を参照
経験によって習得されたこと[1]。
詳細は「経験」を参照
反省のきっかけや励ましとなる経験や出来事[1]。
詳細は「教訓」を参照
(聖公会の用語)聖公会の「教会のお勤め」の時に聖書の一節を大きな声で読むことで、特に朝か夕のそれを指す[1]。そうやって小さく区切って(皆で、順番に)読み進めて、1年なり2年なりかけて聖書全体を通読する。日本のクリスチャンは「おつとめ」や「聖書朗読」などと言う。
 

HOME | 用語集 レッスン