用語集

ゴルフ

ゴルフ(英語: golf、スコットランド語:gowf)は、コース(course)において、静止したボール(ball)をクラブ(club)と呼ばれる道具で打ち、ホール(hole、カップとも)と呼ばれる穴にいかに少ない打数で入れられるかを競う球技の一種。一人で行う競技であり、対戦はコンペティティブ・ペーシェンスとして行われスコアで比較される。
スポーツとして広く親しまれているが、一般人によるプレイはレジャーとして位置付けられる場合が多い。漢字では孔球(だきゅう)と表記される。 英語での発音は「ガァルフ | ゴォルフ」[gɑ'lf | gɔ'lf]。
概説
紳士のスポーツとして知られる。プロゴルファーでさえ、プレッシャーでミスショットをするなど、一般に精神力が重要とされ、精神力7割技術力3割とも言われている。
力加減と打球の向かう方向の予測が必須であり、プレイヤーには正確さが要求される。これはパットのみならず、ティーショットなど全てのショットについて言える事である。
基本的に個人で行う球技だが、団体戦もある。個人戦の場合においても、競技者(ゴルファー)とコースを同伴するキャディがいる。キャディはクラブの運搬の他に、競技者へアドバイスも行う。
アマチュアにおいてもプロゴルファーを目指すのでもない限り、中高年から始めることも可能で、比較的高齢となってもプレーを楽しめる。自分の年齢よりも低い打数で1ラウンドを終了(エージシュート)した者は、「エイジ・シューター」と呼ばれ、ゴルファーの尊敬を集める。

TPC
用具代やプレイ代などの費用がかかりがちなスポーツであり、経済的余裕がある者が主に楽しむ競技である。しかし最近は、特に平日など、格安でプレイが出来る。
日本では全般的にプレイ代、会員権などの費用が高額だが、欧米には高級名門ゴルフ場以外にも、パブリック式の比較的低廉な費用でプレイを楽しめるゴルフ場も多い。このため、日本では純粋にスポーツとして楽しむというよりも、主に業務での取引先企業などの接待が絡んだゴルフのプレイも数多く行われる。またいわゆる名門クラブの会員資格は、プレイではなく投機の対象となる事が多い。
日本においてはプレイヤーはプレイごとにゴルフ場利用税が課される。ただし国体の試合や18歳未満は免除される。
日本においては接待としてゴルフが行われることがあるという事情から、特にいわゆる高級車と言われるようなDセグメント〜Eセグメント以上のセダンにおいて「トランクルームにゴルフバッグがいくつ積めるか」は一つの性能指標となることがある。
歴史
起源に関しては諸説あるが、ゴルフが現在の形に発達したのはスコットランドにおいてである。
その起源についてはスコットランドを筆頭に、オランダ、中国など世界各地に発祥説があり、定説がない。
北欧起源の「コルフ」という、「打った球を柱に当てるスポーツ」が、スコットランドに伝わったとする説。
オランダの「フットコルフェン」から来ている説。近年、オランダからスコットランドへのゴルフボール輸出書類が発見され、起源として有力視されるようになった。
中国の元の時代の書物『丸経』(ワンチン)に記載されている「捶丸」(チュイワン)という競技を起源とする説。捶丸については、中国の学者が五代十国の時代にまで遡るという説を出している。
スコットランドが起源だとする説では、スコットランドの羊飼いたちが、暇つぶしに、羊を追う棒で、石ころを打って、野うさぎやモグラの巣穴に入れて遊んでいた、それがゴルフの始まりだ、とされる。
起源に限ればいろいろな説があるものの、現在のゴルフというスポーツが発展し完成して近代スポーツとなったのがスコットランドであることは間違いない。15世紀頃に、スコットランドで現代行われているゴルフ相当の競技形式が整備され、流行した。1457年には時のスコットランド王国国王ジェームズ2世によって、ゴルフにふけって弓術の鍛錬を怠る貴族たちへのゴルフ禁止令が出され、これがスコットランド史におけるゴルフの初出であるとされる。ゴルフはスコットランドの東海岸から広まっていき、宗教改革時のスコットランド長老教会の否定的な態度にもかかわらず民衆の娯楽として広まっていった。1750年ごろ(1754年)エジンバラとセント・アンドルーズにゴルフクラブができ[1]、1834年にはウィリアム4世がこれをロイヤル・アンド・エンシェント・ゴルフ・クラブ・オブ・セント・アンドリュースと命名し、同クラブが成文化された公式ルールを定めた。またイギリス帝国の拡大に伴って世界各地に移住したスコットランド人によってゴルフも各地で行われるようになった。1860年には世界初のゴルフの選手権大会である全英オープンもはじまった。しかし、ここまではゴルフはスコットランド人独自のスポーツに過ぎなかった。
なおスコットランド人の間で流行していた当時は、パーという概念は存在していなかった。なぜなら2名のゴルファーが1ホールごとにホール内での打数により勝ち負け(同じ打数の場合、そのホールは引き分け)を決め、18ホールまでにどちらが多くのホールで勝ったかを競うマッチプレー方式で行なわれていたため、それぞれのホールに規定打数を決める必要が無かったからである。
マッチプレーは2名で競技する場合はホールごとに勝ち負けが決まるため単純明快だったが、より多くのゴルファーによる試合では優勝者を決めるまでに18ホールの試合を何回も繰り返す必要があり、やがて多人数で競う場合には順位付けがし易い、予め定められたホールをまわった時点の打数(ストローク)の合計を競うストロークプレー方式が広まるようになった。ストロークプレーが主流になると、それまでコースごとにまちまちだった18ホールの合計距離などに対し、画一した規格を決める必要が出てきたため、全てのホールに対し既定打数を決めて、コースごとの合計既定打数による比較がし易いように定めたのが、パーの起源である。
ゴルフが爆発的に広まるのは、1880年代にイングランドでゴルフブームが起きてからである[2]。イングランド各地にゴルフ場が建設され、さらに1890年代にはアメリカでも流行が始まり、またイギリス人によって世界各地にゴルフ場が建設され、ゴルフは世界的なスポーツとなっていった。
日本における最初のゴルフ場は、1901年に神戸市の六甲山に作られた神戸ゴルフ倶楽部である。これは外国人向けのもので、日本人による日本人のためのゴルフ場は、1913年に井上準之助らによって東京・駒沢に作られた東京ゴルフ倶楽部が最初である[3][4]。ゴルフ雑誌や解説書を日本で初めて出したのは、イギリス遊学中にゴルフに親しんだ播磨の大地主伊藤家出身の伊藤長蔵(貴族院議員・伊藤長次郎の弟)である[5]。伊藤は1921年に日本人による最初のゴルフ雑誌「阪神ゴルフ」を神戸で創刊(のち「ゴルムドム」と改題)[6]、1926年には『ゴルフ用語辞典』も出版し、ゴルフの普及に一役買った[7]。
現在では世界に広まり、各国にプレイヤーが存在する。ゴルフ場も各国に建設され、2008年には35,112のゴルフ場が存在するまでになっている[8] が、中でもアメリカ合衆国が約半数を占め、圧倒的に多い。中国でゴルフは「緑色阿片(緑のアヘン)」と呼ばれ、資本主義の退廃的な娯楽と見なされていたが、北京大学でカリキュラムへの採用が検討されるほどの人気スポーツとなり、ゴルフ場の数もアジアでは日本に次いで多い[9]。
世界的にゴルフの人気が落ちていると指摘されており、ルールを簡潔にしたり競技にかかる時間を短くするなどの変更を加えてプレイ人口の減少に歯止めをかける取り組みが行われている[10]。
 

HOME | 用語集 ゴルフ